インドネシア語

Tiongkokの意味はインドネシア語で中国です。Cinaは要注意!

インドネシア語意味

Tiongkokの意味

インドネシア語でTiongkok(チョンコック)は、中国のことを指します。

一般的に使われているのは、Cina(チナ)ですが、2010年代初頭に、インドネシアとして、中国のことはTiongkok(チョンコック)と呼びましょう!という呼びかけが行われるようになりました。

なので、フォーマルな場所/チャイニーズインドネシアの前ではTiongkokを使いましょう。

Tiongkokが使われるようになった理由

中国の呼び方をTiongkok(チョンコック)Cina(チナ)という呼び方が、バカにしたニュアンスがあるということです。

極論いえば、日本でいう”チョン”に近いのかもしれません(これはさすがに言い過ぎですが)

Tiongkokの例文

例文)Kali ini tiba-tiba presiden AS mengunjungi Tiongkok

和訳)今回、アメリカの大統領が突然中国に訪問した。

【登場単語】

Kali ini:今回

tiba-tiba:突然

presiden:大統領

AS:アメリカ合衆国

mengunjungi:訪問する

mengunjungi は berkunjung や mampirとほぼ同じ意味ですが、

mampirは砕けた言い方

mengunjungi と berkunjungはフォーマルな言い方となります。

また、mengunjungi と berkunjungの違いですが、

I visited her house.
Aku mengunjungi rumah dia
Aku berkunjung ke rumah dia

という違いがあります。